オススメリンク
普段使っている自転車のパンク修理は出張修理にお任せしましょう。持って行かなくても直してもらえるのでとっても助かりますよね。
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
August 2014
M T W T F S S
« Jul    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

どこの自転車屋でも大丈夫

ブルー

よくある間違いとしてパンク修理は自転車を購入した店でなければできないと思っている人もいますが、そんなことはなくパンク修理はどのような店でもやってくれるのです。
ですからタイヤに違和感を感じた場合にはすぐに持って行ってパンク修理をしてもらう方が良いでしょう。
たかがパンクと思う人もいますが、タイヤはパンクしたまま走ると変形してしまったりスポークが折れてしまうと言う事もあります。
そうなりますとパンク修理以上に修理が大変になりますから、タイヤがおかしいかなと思った場合には、一刻も早く持って行き修理をしてもらいましょう。

自転車修理

ライト

自転車に乗るのは良い運動となります。
有酸素運動となるため、ダイエットにも効果的と言う事で自転車に乗ると言う人も増えています。
ジョギングに比べると膝にかかる負担も少なくなりますから、体の負担を考えるとダイエットにもとても良い運動と言えるのです。
そういう事もあり自転車は一つのブームとなりつつありますが、乗るときには一つ注意しなければいけないことがあります。
自転車のタイヤと言うのはゴムでできているため、どうしてもパンクしてしまうかもしれないと言うリスクがあるのです。
そのリスクは避けることができませんから、自転車に乗る際にはタイヤがパンクするかもしれないと言うのは常に頭にいれて置かなければいけません。
パンクしてしまった場合にはパンク修理が必要となりますが、これは基本的には自転車屋に持っていくとすぐ直してくれます。

キットを使って

壁に立てかける

一番ポピュラーなパンク修理のキットは紙やすり、パッチ、接着剤が入っているものでこの三つが入っていれば最低限パンク修理ができるので大きな場所をとると言う事もありませんから、事前に購入しておきましょう。
まずタイヤがパンクをしてしまったかもしれないと言う時には、そのパンクした場所を探す必要があります。
探し方は原始的な方法が一般的です。
パンク修理をしたい自転車のタイヤをまずは水につけます。
そして水の中でタイヤのチューブをぎゅっと押すようにして、泡が出る場所を探すだけです。
泡が出てくる場所がパンクをしている場所ですので、そこをしっかりと覚えておきましょう。
次にその穴があいている場所にヤスリをかけてその周辺だけパッチがくっつきやすいようにザラザラにします。
そしてその上に接着剤をつけパッチをくっつけて完了です。
数分あればできてしまうので初めての人でも特に難しいことなくできる作業です。
自転車がパンクしてしまったときにはこのような手順で自分でもパンク修理できますのでやってみると良いですね。

パンク修理の方法

サイクリング

自転車のタイヤはささいな事でもパンクしてしまうものですから、いつパンクしてもいいような準備が必要です。
準備として持っておきたいものとしてはパンク修理のキットで、これは街の自転車屋やネット通販、ホームセンターなどで購入することができるので持っておくといざと言う時に助かるのでおすすめです。
使い方も簡単なものが多いです。